2019年01月23日

手描きの扉

商店街にある、古い古いビルの再生、ああ、もうツッコミどころ満載です。

026.jpg

013.jpg

思いっきりコンパクトなワンルーム、ちゃんとデザインを入れて再生するべく、Kael伊藤さんと最終の打ち合わせ。
しかし、室内に給湯器があるって、元々どういう用途で使われていたのか、想像がツカンワ〜。
駅近い、雨に濡れず暮らせる。これはこれで、ええかも!

018.jpg

リビングにあった、建具を閉めてみたら、、、、、クオリティーの高い、手描きの絵がでてきました。
いつ、だれが?見れば見るほどカワイイ。これは残すん?????
ご依頼をいただいてから、見積もりをお出しするまで、普通なら「いつまで待ったらええんや〜〜〜〜〜。」と叱られる程、お待たせしてしまいました。
デザインはつかっちゃん、施工はKaelさんです。



posted by うっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする